さーさるの独り言

さーさるの独り言

興味があること、面白いと思ったことを気が向いたときに。 さーさるの独り言へようこそ。

トップガンとライトスタッフ

遅まきながら「トップガン・マーヴェリック」を観てきました。ネタバレサイトは見ないで行ったのですが、冒頭のシーンでヤラれました。このシーン、ライト・スタッフじゃないか。
帰ってから調べてみたらいろいろな方がザ・ライト・スッタフへのオマージュであると書いていらっしゃいますね。
「The Right Stuff」。好きな映画を一つだけ選べと言われたら迷わずこれにします。アメリカ初の有人宇宙飛行計画「マーキュリー計画」に材を採った作品。1983年公開。米国初の宇宙飛行士に選ばれた、Right Stuff(正しい資質)を持つ7人と選ばれなかったテストパイロットの物語です。選ばれなかったのは伝説のテストパイロット、チャック・イェーガー
トップガン・マーヴェリック」冒頭のシーンは「The Right Stuff」中盤でチャック・イェーガーが新型テスト機を無断で飛ばすシーンとそっくり。そしてマッハ10を目指して速度を上げるところは「The Right Stuff」前半の山場、チャック・イェーガーがベルX-1で初の音速突破を成し遂げるシーンに瓜二つ。墜落して煤けた顔で生還するところ(ライトスタッフではレストランじゃなかったけれど)やパイロットが集まる酒場の雰囲気までそっくりです。
極めつけは、マッハ10に挑む計画を中止させようと乗り込んでくる将軍役がエド・ハリスだったこと。「The Right Stuff」で宇宙飛行士の中心人物ジョン・グレンを演じた名優ですね。でも、顔がしわくちゃになったのには驚きました。
下の写真は映画でチャック・イェーガーが飛ばした機体をプラモデル(ハセガワ 1/72)で再現したものです。

実機はロッキードNF-104Aといって、垂直尾翼付け根にロケットブースターをつけているので形がちょっと違います。映画で使われていたのはノーマルのF-104G(たぶん)。垂直尾翼のヘタクソな数字も映画の通りです。
映画で、サム・シェパード演じるチャック・イェーガーが新型テスト機を無断で飛ばそうとして相棒リドリーに言ったセリフ「Think I see a plane over here with my name on it」(そこの機は俺のだと思うんだが...って感じかな)とタキシング中に管制官に向かって言うセリフ「I'm taking her up to wring her out a bit. Any objections?」がめちゃカッコイイ。こっちは、じゃじゃ馬をちょいと締め上げて馴らしてくる。文句あるか、って感じでしょうか。リドリー役がザ・バンドのドラムス、リヴォン・ヘルムだというのも驚きでした。
閑話休題
トップガン・マーヴェリック」終盤でF-14が出てくるシーンはホントかよって思いましたが、まあそこは映画。面白いから良しとしましょう。トップガン1作目で心を鷲掴みにされたされた世代としては、トップガンといえばF-14トムキャット。米海軍からは2006年に全機退役しているはずなので、飛べる機体がまだあったかどうか調べてみましたが、映画で実機が使われたかどうかはわかりませんでした。
下の写真はお払い箱になったF-14です。2000年4月撮影。カリフォルニア州チノのプレーンズ・オブ・フェイム屋外に野ざらし状態で放置されていた機体です。

トップガン・マーヴェリック」おしまいで、P-51Dマスタングが飛ぶシーンが出てきます。この機体、トム・クルーズの私物だそうですね。すごいなぁ。まあ、アメリカでは大戦中の機体を個人で所有している人も少なくないそうですし、ジョン・トラボルタに至っては、B707B747B737のライセンスと自家用旅客機と愛機を乗り付けられる自宅を保有しているくらいだから、彼の国では珍しくないのでしょうね。
下の写真(P-51D)もプレーンズ・オブ・フェイムで撮ったものです。

個人的な想像ですが、「The Right Stuff」でチャック・イェーガーを演じたサム・シェパードがご存命だったなら(2017年沒、存命なら79歳)「トップガン・マーヴェリック」に出演依頼されていたのではなかろうかと...。観たかったなぁ。
そうそう、映画終盤の開店前の酒場のシーンで、トム・クルーズと会話を交わす年配のオジサンが出てきます。こちらも、「The Right Stuff」の酒場シーンにカメオ出演していたチャック・イェーガーご本人へのオマージュなのかなと想像を膨らませています。

【追記】

「The Right Stuff」に出ていた俳優でもうお一方「トップガン・マーヴェリック」でお姿を拝みたかった方がいます。スコット・グレン。「The Right Stuff」では宇宙飛行士アラン・シェパードを演じました。

映画「レッド・オクトーバーを追え」では、ショーン・コネリーが艦長に扮したソビエト最新鋭原潜を追うアメリカ原潜艦長役でした。カッコ良かったなぁ。

 


© Sarsalou, 2022
Header Background image by nhaataja from Pixabay. Thanks for the great image.