さーさるの独り言

さーさるの独り言

興味があること、面白いと思ったことを気が向いたときに。さーさるの独り言へようこそ。

「ひさしぶり」の正体

先だって「ひさしぶり」と題して作りかけのプラモデルの写真を載せました。ようやく出来上がったので正体を明かします(エラそうに言うほどのことじゃないですけど)。

中島飛行機製、日本陸軍 四式戦闘機 疾風。試作名称 キ84。連合国コードネームはFrank。設計主務者は小山悌(やすし)。

「モケイとホンモノ」シリーズ新作として載せるつもりだったのですが、ホンモノの写真が撮れなかったのでやむなく...(ホンモノの写真は自分で撮ったものというのがこだわりです)。

プラモデルはハセガワ1/72。水性アクリル塗料の筆塗りです。塗り分けはすべてフリーハンド、マーキングはデカール。飛行第47戦隊 旭隊(成増 昭和20年)の機体です。

先月九州に行った際、知覧の特攻平和会館に行きました。目的は疾風のホンモノを見ること。現存する世界唯一の実機です。でも、館内はロビーと零戦展示室の他は撮影禁止。あちゃぁ。

パンフレットのホンモノです。

悔しいので絵を描きました。実機写真をトレースして水彩絵の具で彩色。スケッチというより塗り絵ですね。

Wikipediaによれば、特攻平和会館に静態展示されている疾風は、もともとは飛行可能な機体だったのだそうです。大戦末期にフィリピンで米軍に鹵獲され、米本土に運ばれて米製点火プラグと高オクタンガソリンを与えられて時速687kmを叩き出し、米軍をして「The best Japanese fighter」と言わしめた機体です。

戦後、民間(航空博物館)に払い下げられ、その後日本人実業家に売却。実業家存命のうちは富士重工の倉庫で飛行可能な状態を保っていたそうです。実業家死去後は、京都の美術館や南紀白浜の海岸で展示され、おそまつな管理下で劣化が進んで飛行不能に。このあたりが航空後進国の悲しさです!

知覧町(現南九州市)が取得し、知覧特攻平和会館で展示されるようになってからは良好な状態を保っているのだそうです。

また飛べるようにならないかなぁ。

 


© Sarsalou, 2024
Header Background image by nhaataja from Pixabay. Thanks for the great image.