さーさるの独り言

さーさるの独り言

興味があること、面白いと思ったことを気が向いたときに。さーさるの独り言へようこそ。

イェーガーの四機

このところ P-51D マスタングやF-15D イーグルを作ったのは、この四機を並べたかったからでした。スケールは全て1/72。今どきの戦闘機のでかいこと。

操っていたのはいずれもチャック・イェーガーアメリカの伝説のパイロット。1923年生まれ。昨年は生誕100年だったんですね。米陸軍・空軍でキャリアを重ね、最終階級は空軍准将(退役後に少将)。最も有名な功績は、世界で初めて水平飛行で音速突破を成し遂げたことです。

写真左上から反時計回りに。

モケイは、それぞれの時代でイェーガーが話題を作った機体。第二次大戦のレシプロ機から今なお第一線で活躍している超音速戦闘機まで現役で操縦してきたなんてすごいですね。

音速突破65周年にあたる2012年には、89歳にしてF-15Dに乗り込み(操縦はしなかったけど)超音速飛行を体験したそうです。2020年、97歳で歿。死亡時の記事によると生涯で操縦した航空機は360種以上にのぼるそうな。航空の世界ですごいと思う一人です。

ところで、トップガンの3作目が製作されるみたいですね。2作目のトム・クルーズは教官役でした。3作目は年老いたトム・クルーズ?。2作目も随所にライト・スタッフ(チャック・イェーガーが主人公の映画)へのリスペクトを感じましたが、74歳でF-15を操ったチャック・イェーガーへのオマージュ的な作品にならないかなぁと勝手に期待しています。

 

モケイとホンモノ(18)

モケイを作るならヒコーキ。それもプロペラ機が好きです。でもたまに例外。マクドネル・ダグラス(現ボーイング)F-15D イーグルです。D型は複座。F-15といえばやっぱりボーイングじゃなくてマクドネル・ダグラスです。ボーイングは戦闘機じゃなくて爆撃機のイメージが強いですね。

モケイはハセガワ 1/72。音速突破50周年の記念式典用の機体。デカールはネットで見つけた写真をもとに自作です。この式典では、御年74歳のチャック・イェーガーが自らF-15Dを操縦し、50年前に自身が音速突破を成し遂げた同時刻に音速を突破してみせたそうです。

ほんとはファインモールドのキットが欲しかったんですけど、4千円くらいするのであきらめました。ハセガワのはかなり古いキットで、パネルラインは凸モールドだし、射出成形のヒケ(凹み)はあるし、組み立てると段差や隙間。でも千円弱なので我慢。

モケイがお粗末なのは情景でカバーします。ハセガワのUSパイロット/グランドクルーセットで離陸前?の状況を再現してみました。タラップを上っているのは老イェーガー(のつもり)。

さて、ホンモノです。下写真は2枚合成。

2013年の空自千歳基地航空祭。地上展示は珍しくありませんが、このときすごかったのがこれ。

F-15の12機編隊。圧巻でした!

 

最後にミソをつけたのは私

「結婚記念日でしょ、ご飯でも食べに行ってきなよ」と娘が食事をプレゼントしてくれました。ありがたく、こんな時くらいしか行けないお気に入りのお店で食事をしてきました。

上野駅構内にある「ブラッスリー・レカン」。元は上野駅の貴賓室だったところが今はレストランになっています。

写真撮ってもいいですよ、とウエイターのお兄さんのお許しを得たので何枚かパチリ。他のお客さんを撮るわけにいかないので上ばかり。

店内は、元貴賓室だっただけあって落ち着いた雰囲気。騒がしくないところが気に入っています。照明にも歴史を感じます。

席から天井を見上げると、何やら凝った意匠。

建築のことはよくわからないけど、手の込んだ天井だなぁ。

料理も美味しく、ご機嫌で帰路についたのですが、妻が娘に買ったお土産(私が持っていた)を駅のトイレに置き忘れてきてしまいました。もちろん大ヒンシュク。

最後にミソをつけたのは私。だめだこりゃ。

 

櫛の歯

前回の投稿のおしまいに、同期友人の墓参兼新年会のことを書きました。久しぶりに再開したのですが、一人だけ新年早々に入院して参加できなかった方がいました。春には元気になるだろうから、その頃また会おう、と言って別れました。

写真ACより

先日、同期仲間のグループLINEに同君の奥様からメッセージが入り、入院先で亡くなったと........。言葉を失いました。他の同期仲間も同様だったようです。

50を過ぎたあたりから年末に受取る喪中ハガキが増えましたが、ここ数年は本人が亡くなったというものが交じり始めました。当たり前ですけど、この先は櫛の歯がかけるように仲間が減っていくんでしょうね。私の順番はどのあたりだろう...。

今日から初場所

特に相撲ファンというわけではないのですが、今日から初場所ってニュースで言ってたのを思い出し、都内に出る用事のついでに寄り道しました。

両国駅国技館スカイツリー。真ん中にデンとそびえるのはAPAホテル。

幟が鮮やかです。

道路脇でお目当ての力士の到着を待ち構えるファンの皆さん。

駅前は外人さんばっか。

路地に入ると昭和チックなお店。

道路沿いにいくつか置かれている銅像

みんなに撫でられてお腹だけツルツル。

写真はすべてFUJIのフイルムシミュレーション「ベルビア」です。

この日は、働き盛りで他界した同期友人の墓参をかねての新年会。年初の恒例行事だったのですが、コロナでここ数年中止。今年は久しぶりの再開(会)で、早めに家を出てブラブラした次第。

関東三鶴

都内へ出た翌日はヤボ用で市原へ行きました。行った先で4時間ほどポッカリ時間が空いたのでぶらぶらすることに。

いちど乗りたいと思っていた小湊鉄道が近くだったのですが、時間が中途半端だし、菜の花にはまだ早いし、で取りやめ。スマホで探した神社に行ってみました。

鶴峯八幡宮です。由緒書によれば、鎌倉時代宇佐八幡宮大分県八幡宮総本宮なんだって)からご分霊を迎えて祀られたのが始まりだそうです。御祭神は、誉田別命(ほんだわけのみこと、應神天皇)、息長足姫命(おきながたらしひめのみこと、神功皇后)、玉依姫命(たまよりひめのみこと)の三柱。

手水舎の龍。

立派な本殿です。江戸時代の造営。

縦構図はほとんど撮らないんですけど、ご神木(杉かな)が立派だったので。

この鶴峯八幡宮鶴岡八幡宮(鎌倉)、鶴谷八幡宮(館山)とならんで「関東三鶴」と呼ばれているんだそうです。知らなんだ。

この日は夕方から初雪が降りました。

 

初上京

新年初の上京です(大げさかな)。

仕事じゃないんですけど勤務先の所用で都内に出ました。場所は赤坂。前に行ったのがいつだったか思い出せないほどなので、完全にお上りさん状態。

おしゃれな街でございました。上写真、遠くのビルはTBS(って書いてある)。

 

大量仕入れ

プラモデルの塗装は筆塗り6割、吹付け(スプレー缶、エアブラシ)4割位です。吹付け(特にエアブラシ)はきれいに仕上がるのですが、準備と洗浄・片づけが面倒です。

筆塗りで使う筆は面相筆のみ。塗料はほとんど水性アクリル。プラモデル製作ノウハウ本では必ずと言ってよいほど「良い筆を使うべし」って書いてありますけど私は逆。安価な筆を使い捨て感覚で使用しています。前に買ったストックがそろそろ尽きるので新たに仕入れました。

面相筆(00番)100本。約1,200円也。私の製作ペースだとこれで3~4年くらい持ちます(妻がときどきトールペイント用に持っていきますが...)。

田中克自大先生の超絶技巧にははるか遠く及ばないものの、少しでも近づけるよう精進中です。生きているうちにノーズアートを描けるようになるのが目標ですが、無理かなぁ。

 

今年は成田を追加

ここ数年、初詣は人出が落ち着いてから湯島天神に行っています。今年もその予定ですけど、今年は急遽成田も行くことになりました。駐車場探しと渋滞が嫌なので電車。

三が日ほどではないにせよ三連休なのでそれなりの人出です。

お参りをする大本堂の人出はこんな感じでした。

新勝寺にも龍がいましたよ~。

倶利伽羅龍王というのだそうです。新勝寺には他にもたくさん龍がいるらしい。

成田の参道には鰻を食べさせる店がメチャたくさんあります。人気の鰻屋さんはどこもすごい行列。最高は6時間待ちなんてお店もありました。晩ごはんになっちゃいますね。私達が入ったのはメインストリートから外れた路地のお蕎麦屋さん。うな丼付きのお蕎麦をいただきました。お値段リーズナブル、お味上々でした。

おまけ。

おひとついかが。直径40cmくらい。でも何に使うんだろう。

 

モケイとホンモノ(17)

新春らしい話題ではないんですけど、まあいいか。

正月休みは久しぶりにプラモデル三昧。作ったのはノースアメリカン P-51D マスタングタミヤ 1/72。一昨年「モケイとホンモノ(7)」で同じ機種を投稿しましたが、思うところあって今回は違う搭乗員の機体。

米陸軍チャールズ(チャック)・E・イェーガー大尉乗機、ヨーロッパ戦線、1944年。この年、イェーガーは一回の出撃で5機のメッサーシュミットBf109を撃墜し、米軍初の「Ace in a day」の称号を得たそうです(5機撃墜でエースになれます)。

イェーガー機固有のマーキングは「世界の傑作機 No.79  P-51ムスタング, D型以降、文林堂」のとじ込みイラストをコピーし、Photoshopでちまちまレタッチしてデカールを自作しました。

ホンモノも前のとは別のやつ。

2000年撮影。カリフォルニア州チノ。プレーンズ・オブ・フェイム航空博物館。機首のカラーリングは同じですが、イェーガーの機体ではありません。

英国の要望で誕生したこの戦闘機、契約から機体完成までわずか117日、一月半後には試験飛行を開始、試験飛行後一年で量産(ヒコーキの心、佐貫亦男光人社NF文庫)。すごいもんです。戦争体験世代の中には忌み嫌う方もいらっしゃると思いますが、技術的には傑作機のひとつ。

トップガン・マーベリックのラストシーンでトム・クルーズ(ご本人)が飛ばしていた(ご本人所有の)マスタング、カッコ良かったなぁ。

 


© Sarsalou, 2024
Header Background image by nhaataja from Pixabay. Thanks for the great image.