さーさるの独り言

さーさるの独り言

興味があること、面白いと思ったことを気が向いたときに。さーさるの独り言へようこそ。

父の遺品

このところ、二眼レフやレストアしたフィルム一眼など、カメラ趣味の方向がどちらかというとフィルムに向いています。同じ方向に気になる存在がもう一つ。父が遺したキヤノンのバルナックタイプカメラです。

残念ながらまともに動いてくれません。シャッター幕がヨレていて、シャッターを切るとよっこらしょという感じで後幕が閉まります。

機種を「往年のキヤノンカメラ図鑑」(枻文庫)で調べてみたら、ⅡD型のようです。レンズはCANON LENS 50mm F1.8。キヤノン公式サイトによれば、Serenar 50mm F1.8と呼ばれていたものと同一のレンズらしいです。同サイトには「コマ収差の影響によるフレアの発生を抑えることに成功した、近代光学史にその名を残す名作レンズ」と書いてありました。

ネット情報によると、お手頃価格で入手でき、クラシックな外観にも関わらず現代的な描写を見せてくれる人気レンズらしいです。幸いなことに私のレンズにはカビやクモリは見当たりません。写りが気になるなぁ。

中学生の時分、現像・焼き増しで出入りしていたDPE店(フィルムの現像・焼付・引伸し専門店。昔はこういうお店があちこちにありました)のおっちゃんにフィルムの入れ方を教えてもらい(バルナックタイプはフィルム先端の幅狭部分を長くする必要があります)、家の周りを撮って、良く写るもんだなぁと感心したことを覚えています。

さてどうしよう、とちょっと考えては先送りの繰り返し。要するに、フルサイズ(APS-Cじゃなくてね)のミラーレスを買うか、ということなのですが、高いなぁ、無理だなぁ、というのが数年続いています。本体を修理するという案は、まともな個体が買えるくらいの料金がかかりそうなので最初から除外し、このまま余生を送ってもらうことにしました。

今まではフルサイズミラーレスの新品価格しかチェックしていなかったのですが、ふと思い立ってα7の中古価格を調べてみたら、程度を問わなければ初代機が5万円くらいで手に入るのがわかって、気持ちが動きました。3千円くらいのマウントアダプターを買えば手持ちの一眼レンズも色々使えるし.....。
以来、フリマサイトとオークションサイトを注視しています。いいの出てこないかなぁ。フィルムから離れてしまうけれど、まあいいか。

 


© Sarsalou, 2023
Header Background image by nhaataja from Pixabay. Thanks for the great image.